オール電化住宅の節約術

近年、新聞やCMで、「オール電化住宅」と言う言葉を、聞く機会が増えました。
そして、オール電化住宅が急速に増えていきました。

我が家も、例外ではありません。

「オール電化住宅」で、電気代を抑えるには、深夜電力料金の時間帯に、どれだけ消費電力の大きい家電品を使えるか、が鍵です。深夜電力料金は、昼間の一番高い時間帯の電力料金の3分の1なので、使わない手は無いです。

深夜電力の時間帯、私の居住地の場合は、23時~翌日8時までなので、この間に、エコキュートでお湯を作る、洗濯2回、食洗器の使用、掃除機の使用、炊飯、IHヒーターで湯を沸かすことをします。

この時間帯を過ぎてから、極力、消費電力の大きな家電は使わないようにします。どうしても使わざる得ない時は、最短時間で使います。

例外として、消費電力の大きな家電、エアコンを使う際は、設定温度を高くして、扇風機と併用します。

上記は、「オール電化住宅」向けの節約術ですが、電化住宅でなくても、使えるところもあると思います。

節約は、楽しみながら継続的に出来ることが理想です。だから、どんなに節約が出来ても、節約により、ストレスを溜める、家族同士がギスギスするのなら、節約の方法を見直しましょう。