すぐにできる小さな節約法

家計簿をつけよう

家計簿をつけて、ムダな出費をなくそうと節約生活を始めると、自由にお金が使えなくなって、すごくストレスがたまってしまうことがあります。

ある日、そのストレスが極限に達して、ついに衝動買いをしてしまったりします。

それまでに貯めたお金が、水の泡になってしまいますね。

毎日我慢する生活が続いていると、ストレスがたまり、かえって大きな出費に結びついてしまうと、何のために節約をしているのか分かりません。

自分のお小遣いを決めておいて、その範囲で好きな物を買うなどしておくと、我慢ばかりしなくて済みます。

また、スーパーをはしごして、1円でも安い品物を探すことに労力を使うより、携帯料金や保険料を見直した方が、大幅な節約になります。

小さな節約にこだわりすぎてストレスをためるより、大きな節約をして、生活費の下げていくのが望ましいと思います。

出費を減らす

節約のためには、当然ですが、できるだけ出費を減らすことが重要です。

でも、普通に生活していると、お金はどんどんお財布から出ていきます。気を引き締めて、節約するという意識を持っていないと、出費を減らすことは難しいと思います。

毎日気を引き締めて暮らすのは、なかなかできることではありませんから、次のような工夫をしてみると良いのではないでしょうか。

  • 手元に必要なお金だけ残し、あとは貯金する
  • お財布にはあまり多額のお金を入れない
  • 外出する時は、水筒を持ち歩き、ジュースなどを買わないようにする
  • 空腹時に買い物に行くと余分な物まで買ってしまうので、少し食べてから出かける
  • ふいの出費に備えて、積み立てをしておく
  • 本や雑誌は、図書館で借りて読む

あまり厳しく出費を制限してしまうとストレスがたまってしまいますから、自分にできる範囲でやってみましょう。

ストレスをためないように!

家計簿をつけて、ムダな出費をなくそうと節約生活を始めると、自由にお金が使えなくなって、すごくストレスがたまってしまうことがあります。

ある日、そのストレスが極限に達して、ついに衝動買いをしてしまったりします。

それまでに貯めたお金が、水の泡になってしまいますね。

毎日我慢する生活が続いていると、ストレスがたまり、かえって大きな出費に結びついてしまうと、何のために節約をしているのか分かりません。

自分のお小遣いを決めておいて、その範囲で好きな物を買うなどしておくと、我慢ばかりしなくて済みます。

また、スーパーをはしごして、1円でも安い品物を探すことに労力を使うより、携帯料金や保険料を見直した方が、大幅な節約になります。小さな節約にこだわりすぎてストレスをためるより、大きな節約をして、生活費の下げていくのが望ましいと思います。

時間の節約もポイント

節約というと、使うお金を制限することに重点を置きがちですが、時間の節約についても考えてみるといいと思います。

たとえば、次のような行動は、時間の節約にもお金の節約にも役立ちます。

  • テレビをだらだら見ない→電気代の節約にもなる
  • 買い物をまとめ買いする→車の場合は、ガソリン代の節約になる
  • 必要以上に長電話をしない→電話代の節約になる
  • 時短調理を心がける→ガス代・電気代の節約になる
  • 掃除機をかける前に、部屋を片付けておく→電気代の節約になる

お金の出入りは家計簿で把握できますが、時間については、意識しないとダラダラと過ごしがちです。

一日のチャートを作ってみて、ムダに時間をかけていることがないか、一度見直してみるのもおすすめです。